Philippines News
フィリピンニュース

News Detail ニュース詳細

【2021最新版海外旅行情報】海外旅行再開へ向けての最大の障壁は日本帰国時の14日間待機措置にあります。

2021.03.31

フィリピン旅行に関する最新情報をお届けするミッドパックツアーです。
新型コロナウィルス関連及び海外旅行に関する最新ニュースです。
----------------------------------------------------------------



新型コロナウィルス感染拡大により、人々の往来が厳しく制限されてから早1年が経過します。
本格的な海外旅行の復活には感染拡大の鎮静化や有効なワクチン接種などの進行状況を睨みながら
経緯を見守るしか方法が無いですが、
一部の国や地域では外国人の入国を条件付きで認め始めました。
ビジネス・観光を問わず海外への渡航を希望される方は非常に多くなってきましたが、
現状最大の障壁は
日本帰国後の14日間の待機措置」にあります。
多種に渡る変異株の発生や医療体制のひっ迫などが喫緊の課題の中、この措置が緩和されない限り
海外旅行はまだまだ遠い存在です。
本格的な海外旅行の復活にはあと1年程度の時間が必要になるのでは無いでしょうか?

このような状況下の中、厚生労働省が発表する検疫強化措置の概要をご案内します。
(以下、厚生労働省ホームページからの抜粋)

『全ての国や地域から入国される全ての方には、入国(帰国)の前後で以下の対応をお願いします。』

1.出国前72時間以内の検査証明を取得すること。
  ⇒検査証明の内容に関してはこちらを参照してください。

2.検疫所長が指定する場所(自宅等)で入国(検体採取日)の次の日から起算して14日間
  待機する待機場所を確保すること。


3.新型コロナウィルス変異株流行国・地域に過去14日以内の滞在歴がある方につきましては、
  検疫所の確保する
宿泊施設等で入国後3日間の待機をしていただき、
  3日目(場合によっては6日目)に検査を実施します。
   (変異株流行国・地域に関しては文末を参照してください)

4.到着する空港等からその滞在場所まで公共交通機関を使用ぜずに移動する手段を確保すること。
  (自家用車・レンタカー・ハイヤー等)
  注:成田エクスプレス・京成スカイライナー・空港リムジンバス・タクシー・国内航空機・
  モノレール・
JRや私鉄等の公共交通機関を利用しての移動は禁じられています。  

5.入国後に待機する滞在場所と空港等から移動する手段を検疫所に登録すること。

6.新型コロナウィルスの検査を受けること。

7.検査結果が出るまで、原則空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で待機すること。
  *到着から検査結果判明まで1~3時間程度ですが、再検査をするなど状況によっては
   到着の翌日に
判明することがあり、その後、入国の手続きになります。

8.入国時には誓約書を提出していただきます。
  ⇒詳細はこちら

<新型コロナウィルス変異株流行国・地域一覧>
(2021年3月31日現在)
英国・南アフリカ・アイルランド・イスラエル・ブラジル・アラブ首長国連邦・イタリア
オーストリア・オランダ・スイス・スウェーデン・スロバキア・デンマーク・ドイツ・ナイジェリア・
フランス・ベルギー・エストニア・チェコ・パキスタン・ハンガリー・ポーランド・ルクセンブルク・
レバノン

詳しい情報が知りたい方は厚生労働省ホームページをご参照ください。


株式会社セイムコーポレーション (ミッドパックツアーズ)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-34 プラザお茶の水ビル501号
代表番号:03-3518-9636  
ミッドパックツアーセンター:03-3518-9581
FAX:03-3518-9637
メールフォーム問い合わせ:
info@seimucorp.co.jp

  ニュース一覧へ


Pick Up News おすすめ記事